矯正歯科で治療を受けているとき

矯正歯科で矯正装置を装着している間には、装置を付ける前よりも歯磨きがしにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。 矯正装置を装着している間は、丁寧に磨き、プラークが残らないように治療を行うことが大切です。 歯磨きをする際には、特にブラケットの周りは汚れが残りやすいため、装置と歯の間に歯ブラシを斜めに当てます。歯と歯茎の間も同様に斜めに歯ブラシを当てます。 毛先が接触する免責が大きすぎると装置の細かい部分に当たらないため、磨き残しを作ってしまうので、専用のものを使うことがお勧めです。

矯正歯科で八重歯の矯正を受けることのメリットについて

矯正歯科では、歯並びや噛み合わせの調整を行うことができます。また、八重歯の矯正も行うこともできます。この八重歯というのは、日本以外の国であるとあまり良い印象は持たれません。それは、吸血鬼を彷彿とさせるため、他の国では幼い頃に矯正を終わらせることが普通だからです。そのため、将来、グローバルな環境で働いていきたいと考えている人や、今後、留学や海外赴任を考えている人は、夢を叶えるためにも矯正をすると良いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の夜中の診察について All rights reserved