歯科の定期健診の内容とは

歯科での定期健診は半年に一度行うことがお勧めです。定期健診の内容として、歯と歯茎の境目の深さを測って、部分的に歯周病の状態を把握し、歯周病の検査を行います。口の中を見ただけではわからない歯の中や、歯茎に隠れた顎の骨の状態を主流にレントゲン検査を行います。次に、歯磨きでは取ることが出来ない歯垢や歯石を専門の機械で綺麗にするクリーニングを行い、虫歯や口の中のチェックをし、歯磨きの指導を行い、歯磨きの悪い癖を治します。他にもフッ素の塗布などをします。

歯根の治療を丁寧に行ってくれる歯科

過去に歯科医院において虫歯の治療を受けて神経を除去したものの、数年後に歯根の部分に菌が繁殖して膿がたまる症状が発生する場合があります。このような症状は、神経がないために痛みを伴わないのですが、放置しておくと悪化してしまい歯を失う原因となってしまいます。歯根の治療は長い時間がかかり、複数回通院しないと完治させることが難しいものです。しかし腕がよく良心的な歯科医院では、歯根の治療もとても丁寧に行ってくれます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の夜中の診察について All rights reserved