夜中に歯科で診療してもらうには

歯は急に痛みだすことがあり、歯科の閉まっている夜中に激痛を感じると、病院が開くまで痛みに耐える必要があります。救急車は命の危険性がある場合にしか依頼できず、救急センターへ行っても歯は専門外で治療を受けられません。しかし中には365日24時間体制で診療を行っている歯科救急センターや、夜間や早朝の急患を受け付けている病院もあります。そのような病院をあらかじめ調べておいたり、かかりつけ医としておくことで緊急の事態にも対応してもらえます。また、すでに通院している場合、医師に夜間時に痛みを感じた時の対処法として、鎮痛剤を処方しておいてもらうのも一つの手段です。

歯科医の夜中の対応について

歯科は、診療時間外の夜中に、来院を希望する患者の対応をおこなうことがあります。この場合、診察室と自宅が兼務している個人開業医に限定されることになります。患者の苦痛は、昼夜を問わず襲ってきます。特に夜中は、辛さで一睡もできない二重苦を強いられることになります。このような状態で、翌日の診療時間まで待っていただくことは、歯科医としても心苦しいものがあります。事前の予約が入ることがほとんどですので、可能な限り早めの時間帯に対応することになります。このような事態に備えて、日頃からの体調管理は必須となってきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の夜中の診察について All rights reserved