歯茎などからの出血したら歯科へ

夜、歯磨きによって歯茎を傷つけてしまい、出血することもあるでしょう。また、夜中、寝ている間に強く歯を強打によることも原因になることもありますが、歯や歯茎になんらかの異常が出た場合には、できるだけ早く歯科で治療を受けるようにしましょう。痛みなどが強い場合には、状態が悪化してしまうと治療などもかなりの期間かかってしまうこともあります。痛みを軽減するため、またしっかりと治すために、早めに歯科に行き診察を受け、適切な治療を行ってもらうようにしましょう。また、治療後も、歯や歯茎の状態が安定しているか、定期検診などがありますので、治療後も安心です。

夜中に見てくれる歯医者さん

急に夜中に歯が痛くなってしまったり、転んだりぶつけたりで歯が破折してしまうなどの急なアクシデントの場合、近所の歯医者さんがどこも開いていない場合はどうしたら良いのでしょうか。休日は地域の歯医者さんが持ち回りで休日診療をしていますが、夜間に関してはそのような対応はしていません。緊急時には歯科が診療科目にある大きな病院では診療を行っている場合があります。但しあくまでも救急で応急処置となりますので注意が必要です。夜中に治療をして被せものをするなどの予約診療のようなことはできません。また歯科も保険診療では若干の割り増しの金額となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の夜中の診察について All rights reserved